医療法人 北士会 北川眼科

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size

白内障

白内障とその手術についてご説明します。

1.目の構造と白内障

目は光の情報を集める器官でその構造はカメラに似ています。
眼球自体がカメラと同じように1つの暗箱として働き、角膜・水晶体を通して入った光の情報は、フィルムとして働く目の奥の網膜で像を結びます。この情報が視神経を介して脳へ伝わりものが見えています。
白内障はレンズである水晶体が濁って見づらくなる病気です。その多くは加齢が原因でおこります。


 

2.手術が必要な理由

白内障による視力低下を改善するには手術しか方法がありません。
手術をしなかった場合、視力低下が進むことはあっても改善することはありません。最近は手術法も進歩し患者さんの身体的負担も軽くなり、日帰りでの手術も可能になりました。高齢の方も安心して手術を受けていただけるようになってきています。日帰りにするか入院するか、何日間入院するかスタッフと相談して決めていただきます。

 

3.手術以外の治療法

白内障に用いられる薬(点眼薬、内服薬)がありますが、これは進行を少し抑えるためのもので、白内障を治す効果はなく症状や視力を改善することはできません。
現在のところ手術以外に白内障を治す有効な治療法はありません。

 

4.手術の方法

局所麻酔(点眼、テノン囊下麻酔)で行います。水晶体は、水晶体囊と呼ばれる袋と、核および皮質と呼ばれる中身からなっています。
手術では混濁した水晶体の内容物(核や皮質)のみを摘出し、残した水晶体囊の中へ眼内レンズを挿入します。水晶体の濁りを摘出する方法として、現在小さな切開創の超音波乳化吸引術が主流になっています。手術時間は15分程度です。通常、眼内レンズは一生眼の中に入ったままで取り替える必要はありません。
なお、進行した白内障や水晶体の支えの部分(チン小帯)が弱い場合、切開創の比較的大きな水晶体囊外摘出術に変更することがあります。また、手術で眼内レンズを入れる予定にしていても、水晶体囊やチン小帯が弱い場合、眼内レンズを入れられないことがあります。

 

5.手術時の注意点

手術中はベッドに仰向けになっていただき、手術する方の目だけが外から見えるような布(ドレープ)を掛けます。まぶたは器具で開けますので手術中無理に開けておく必要はありません。肩の力を抜いて両目とも軽く開ける程度でいて下さい。腰や背中が痛い方は足を曲げられて構いません。
手術は顕微鏡を使った細かい操作ですので頭を動かさないようにお願いします。医師から下を向いて下さいなど声がかかりましたら目だけを動かす様にして下さい。また、咳やくしゃみが出そうな時は早めにおっしゃって下さい。可能なところで手術の手を休めます。その他、尿意・痛みなどありましたら無理せずにお知らせ下さい。

 

6.手術後のメガネについて

眼内レンズは若い人の水晶体のような調節力はありませんので、手術後メガネなしで遠くから近くまですべてがハッキリ見えるというわけではありません。メガネなしでピントが合うのは一定の範囲に限られます。例えば、手術で焦点を遠くに合わせた場合は近くを見るメガネが必要ですし、逆に近くに焦点が合った場合は遠くを見るメガネが必要になります。
乱視が強い方は、はっきり見るためには乱視を矯正するためのメガネが遠くも近くも必要となります。
最近、遠くと近くの両方に焦点が合うような多焦点眼内レンズが出てきていますが、合う方合わない方、人によって相性があります。また、このレンズを使用する場合保険外診療になります。詳しくは医師にお尋ね下さい。
なお、眼内レンズの度数の計算は、完全に予定通りになるとは限らず多少の誤差が生じることがあります。その場合はメガネでその誤差を調整します。

 

7.手術後の視力について

目の奥の眼底に異常があったり(糖尿病網膜症,黄斑変性症など)、目の神経に異常があったり(緑内障や神経の萎縮など)すると視力が改善しない場合があります。このような視力障害の原因について、異常があれば可能な限り手術前にお知らせするようにしています。しかし、白内障で混濁が強い場合や眼の状態により詳しい検査が行えないような場合、手術後に予想外の病気や眼底変化が発見されることもあります。また、手術後の視力の経過は角膜の状態などにより個人差があったり、両眼手術して片方の目だけ視力が出るのに時間がかかる場合があります。

 

8.副作用・合併症について

  1. 水晶体核落下、眼内レンズ落下
  2. 水晶体囊の破損(後囊破損)
  3. デスメ膜剥離
  4. 目の表面の出血や異物感
  5. 色や光の変化
  6. 一過性眼圧上昇
  7. 後発白内障
  8. 術後の感染症(眼内炎)
  9. 眼内・眼底の出血や動脈閉塞(梗塞)
  10. 網膜剥離や黄班浮腫
  11. 水疱性角膜症

 

9.手術前の注意点

  • 生命保険については条件をご確認下さい。
  • かかりつけの先生方(内科・外科・整形外科・泌尿器科・婦人科・歯科など)に手術する旨をお伝え下さい。
  • 抗血栓薬(ワーファリン、バファリンなど)は通常続けていただいて構いません。
  • 点眼をさし忘れない様にしましょう。
  • 風邪をひいたりしない様体調に気をつけましょう。

 

10.手術日以降の来院

手術後、抗生剤の注射をする関係で手術日も含め4日間は毎日通院が必要です(入院の方は入院中に行います)。術後3日目から抗生剤の内服に変更します。その後は、4日後、1週間後、2週間後、3週間後、1ヶ月後の診察を予定しております。

 

11.手術後の生活上の注意

(手術後の経過や状態により個人差があります)

手術後しばらくは生活上注意する点があります。日帰りでの手術も可能ですが自宅でのケアが難しい場合は入院をおすすめしています。

☆当日~    食事、トイレ
☆翌日~    テレビ、新聞・雑誌、喫煙
☆3・4日後~ シャワー(首から下)、美容院での洗髪
☆1週間後~  家事、入浴(首から下)、飲酒、車・バイクの運転
☆2週間後~  洗顔、通常の洗髪
☆1ケ月後~  畑仕事・草取り、髪染め、パーマ